毎月の収入にプラス10万を目指す手軽な副業情報サイト

副業アンテナ

仮想通貨

【朗報】仮想通貨ビットコインバブルの再来か、3年ぶり水準まで高騰 【暗号資産】

投稿日:

1: コイン速報がお伝えします 2020/11/06(金) 14:12:19.36 ID:CAP_USER
6日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン(BTC)価格は、前日比+11.65%の164.5万円(15,890ドル)と高騰した。

no title

TradingViewのBTCUSDチャート

19年の最高値である14,000ドル(①)を超えたことで、主立った上値抵抗線がないことから騰勢を強めた。

15,000ドル到達は、18年1月のバブル相場以来。BTCの過去最高値は17年12月に記録した20,000ドル(③)となっており、もし今後これを上回るようなことがあれば、未知の領域に突入することになる。

並行チャネルでレジスタンスマーカーを上抜いていることから、今後サポートマーカーとして機能する可能性がある。

no title

BTC/USD 日足

急騰の影響で、BTCドミナンス(市場の通貨シェア)も急増している。

no title

BTCドミナンス

18年1月以来の仮想通貨バブルの様相を呈する一方、過去最高値付近まで回復しているのはビットコインのみであり、リップル(XRP)やイーサリアム(ETH)など主要アルトコインは、依然として上場来高値を大幅に下回る価格帯を推移する。

no title

コインチェック銘柄

□乱高下への警戒感も
足元では急騰の影響で日足RSIが80を上回るなど過熱感が台頭。大口売りをきっかけにチャートが崩れれば、いつ急落、乱高下してもおかしくない状況にある。

一方で、週足・月足の上位足では、仮想通貨バブルの時の数値には及んでおらず、中長期ではまだ余力を残している可能性もうかがわせる。

no title

BTC/USD 週足

no title

BTC/USD 月足

□デリバティブ市場の需給
需給面で注目されるのが、先物などデリバティブ市場との現物乖離だ。BitMEXの資金調達率(ファンディングレート)は、今朝3時の高騰局面でもマイナス圏にあるなど、ほぼ中立を維持している。

国内最大手bitFlyerでは、6日昼時点で現物乖離0.4%に留まっており、昨年6月に現物乖離5%が常態化していたSFD相場と比較すると過熱感は薄い。極めて強い相場環境にあるといえる。

相次ぐ高値更新で市場のセンチメントにFOMO(乗り遅れることへの恐怖)が作用していることは間違いないが、米大統領選の先行き不透明感やFTXのSamCEOによるバイデン陣営への巨額寄付、1000億円相当のビットコイン押収などがプラスに働いたとの見方もある。押収は11月3日に確認された巨額送金(69,369BTC)に関連したものだ。

ファンダメンタルズ視点からの相場分析は、以下の記事で詳しく解説している。

関連:ビットコイン高騰で160万円上回る──1000億円のBTC押収はどう読む?
https://coinpost.jp/?p=196563

>>2 へ続く

2020/11/06 11:55
仮想通貨ニュースサイト-CoinPost
https://coinpost.jp/?p=196594


続きを読む

Source: コイン速報
【朗報】仮想通貨ビットコインバブルの再来か、3年ぶり水準まで高騰 【暗号資産】

-仮想通貨

Copyright© 副業アンテナ , 2021 All Rights Reserved.